sustainability

TOP  SDGs

SDGs(持続可能な開発目標)とは?

SDGs(エスディージーズ:Sustainable Development Goals 持続可能な開発目標)とは、
2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、
2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された
2016年から2030年までの国際目標です。
持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、
地球上の「誰一人として取り残さない」ことを誓っています。

わたしたちの取り組み

株式会社千石は、
革新技術と人の生活を豊かにする製品・サービスにより
世界的課題の解決に全力で取り組んでいます。

株式会社千石は、コーポレートキャッチコピーに「Make it Smile」を掲げ、未来の社会課題やニーズに多様な技術とサービスで応えることにより、人々を笑顔にし、世界とともに発展し続けることを目指しています。
「SDGs(持続可能な開発目標)」の達成についても、どのように貢献していくか、事業の拡大と社会課題の解決の両立に取り組んでいます。

株式会社千石は、革新技術と人の生活を豊かにする製品・サービスにより世界的課題の解決に全力で取り組んでいます。

  • 「再生可能エネルギー」 と 「脱炭素」への取り組み

    CO2を排出しない自然エネルギーを利用した太陽光発電の導入により低炭素を実現し、環境負荷軽減に取り組んでまいります。

  • 社用車のHV化、電動化推進

    省エネによるCO2の削減等、環境負荷の少ない性能を重視し、社用車のハイブリッド低燃費車・低公害車を導入しています。

  • 生産現場での自動化、ロボット化

    生産現場での自動化、ロボット化を推進することで、生産性の向上を目指し産業の発展に貢献します。
    また、重労働や単純作業を自動化することで、従業員に長くやりがいをもって働ける環境をつくり、よりクリエイティブな仕事に時間を割ける環境を実現します。

  • グラファイトヒーターの技術展開

    社会にインパクトを与える独自技術で、よりエコなエネルギーで人々の生活を豊かにしています。
    今後も、新規技術を創出・拡大することにより、持続可能な社会の実現に貢献します。

  • 自社研究体制の強化(技術者の育成)

    独自技術に対しての探求を怠らず、自社の研究体制を強化するとともに、後世へつなぐ技術者の育成にも全社あげて進めていきます。

  • サプライチェーンを通じた「持続可能な調達活動」

    ビジネスパートナー(調達先)などで、環境問題や人権を含む社会問題への加担がないかどうか厳正な審査を行い、共に繁栄するために持続可能な社会の発展に貢献いたします。

  • 従業員のスキル向上に向けた教育

    「社内教育」については、教育研修制度の整備を心掛けています。
    働く人が前向きであれば、おのずと経済成長へつながります。
    資格取得制度の導入をはじめ人材の育成につとめ、全員参加の下、継続的改善を行い、何よりも品質の向上を目指しています。

  • 社員育成・支援の一環として奨学金返済支援

    社員育成・支援として奨学金返済支援制度を導入。兵庫県とタイアップして奨学金の返済支援を行うもので、条件を満たす社員に補助金を給付することで奨学金返済への不安の軽減に取り組みます。

  • 「ソーシャルボンド(日本学生支援債権)」への投資

    自社の社員のみならず少子高齢化が進む我が国の未来を担う学生、特に昨今のコロナ禍で困窮する学生を応援したいと考え、独立行政法人日本学生支援機構が発行する社会課題の解決に資するプロジェクトの資金調達のために発行されている債権「ソーシャルボンド」への投資を行いました。

  • 労働環境の改善、自己申告制度の活用

    社員が企業側に意向や意見を申告できる自己申告制度を設けています。
    仕事への取り組み姿勢がどうであったかを振り返ったり、今後やってみたい仕事など社員が自己の向上につとめ、常に意欲的に前進することができるよう支援します。

  • 地元生産体制の拡充による雇用の創出

    地域経済のさらなる発展と産業用地の内陸需要に応えるためふるさと加西市で新工場を建設。
    新工場では生産能力の拡大のみならず、技術力を強化していくことで企業価値のさらなる向上を目指します。
    また雇用の場を作り、加西市の地域経済発展に貢献します。

  • 外国人材の受入れ及び共生社会実現

    日本人と外国人が安心して安全に働ける環境づくりを推進しています。
    現状ではまだ、外国人という理由で入居を断られてしまうケースが残念ながら多々見受けられます。
    このような課題を解決するため外国人雇用者等の寮と多言語環境の整備を行っています。

  • フィリピン工場支援

    途上国のフィリピンにて工場を設置し、現地の雇用の創出をはじめ、フィリピンで人材育成にも力をいれています。
    各工程ごとに技術指導を行い、納期、品質の管理等ノウハウを提供。よりよい環境づくりを進めています。

  • ふるさと納税、地元への還元(寄付)

    日本の教育に対する社会投資として、未来を担う子供たちへ本物を見せたいとの思いから世界有数の古代中国鏡のコレクション(約300面)を県に寄贈しました。
    自社ブランドのアラジン商品をふるさと納税の返礼品として地元への還元を行っています。